調布市文化協会
調布市美術協会

調布市美術協会

調布市美術協会について

画像1
調布市美術協会は洋画、日本画などの絵画作品の創作活動をしている調布市在住、在勤、市内の絵画教室に通う個人会員で構成されています。活動は年2回(4月、9月)の協会展、市民文化祭「絵画展」の運営、人物画研修、スケッチ研修旅行、文化協会「実技講座」「文化講座」の企画運営を行っています。

代表者 有川和子(アリカワカズコ)
〒182-0022 調布市国領町6-25-23
電話 042-489-8340
FAX  042-489-8340
E-mail arikawa.kazuko@nifty.com




画像2




■調布市美術協会の紹介
1.歴史
 調布市美術協会は、1959年(昭和34年)に創立し、2009年に創立50周年を迎えました。
当初は「調布市絵画協会」として、美術作家・文化人の会として創立し、調布市公民館、グリーンホールの完成とともに会員が増えてきました。
1989年(平成元年)、創立30周年を機に「調布市美術協会」と改称し、門戸を広げて多くの会員を迎えました。文化会館「たづくり」の完成で展示スペースも拡大し、更に会員も増えて大きな会に成長しています。調布市に在住するプロ・アマの美術作家の会、流派を超えた広範な美術表現者の会として成長してきました。

2.会の目的
会員の美術表現活動を通して、地元調布市の文化・芸術の向上に貢献することを目的としております。会は創立当初から調布市に在住する「美術家」と「社会教育・生涯教育」の両側面をもっており、相互の作品発表と親睦を通じて、お互いの創作活動の向上を目指しています。会は自己研鑽の場であり、美術教育の場ではありません。

3.会員
会員はすべて個人会員で構成され、洋画・日本画等の絵画作品の創作活動を行っております。創作活動をされている入会希望者は、当会会員1名以上の推薦により、理事会の承認で入会できます。会員数は発表の場である展示施設の広さから上限を約140名にとどめております。

4.主な活動
(1)「調布市美術協会展」の開催:年2回(4月・9月)「たづくり」南・北ギャラリー
(2)「調布市民文化祭絵画展」の運営:調布市民文化祭実行委員会に参加し、「絵画展」の運
営を担当。一般市民と会員の作品を一緒に展示。
(3)研修活動:「人物画研修会」年4〜5回、モデルによる人物画研修
「スケッチ研修旅行」春1泊、秋日帰りのスケッチ研修旅行
(4)文化協会主催「実技講座」「文化講座」の企画と運営












サークル名 調布市美術協会  ( ちょうふしびじゅつきょうかい )
活動内容 絵画展、創作活動
連絡先
有川 和子(ありかわ かずこ)
TEL:042-489-8340 FAX:042-489-8340 E-Mail:arikawa.kazuko@nifty.com