調布市文化協会

調布市文化協会 会長挨拶

調布市文化協会 会長 加藤弘子

平成29年2月11日文化協会創立50周年を皆様方のご協力のもと無事終える事が出来御礼申し上げます。

文化協会の大きな行事として、秋の「調布市民文化祭」があります。加盟22団体、東部、西部、北部の3公民館はもとより、調布市の総力を挙げて、市民の皆様方と共にそれぞれの団体が色とりどりに日ごろの成果を発表する文化の祭典でございます。

又、市民の皆様に対しての「出前講座」を実施し、10団体により技術や知識を実技指導、文化講座を行い好評を得ております。

毎年8月上旬には、姉妹都市「木島平村芸術文化協会」との交流と「夏祭り盆踊り大会」に参加、「調布音頭」で彩りを添え、更には他県市区町村との研修交流や、「生涯学習講演会」も実施してまいりました。

民間の手で何百年と培われてきた伝統ある芸術・文化を更に育成し、後継者難の中にあっても、新しい波を包括しながらお互い助け合い、次の時代に継承して行くことが、私共文化協会の使命と考えるとともに、日頃から文化協会の運営・活動にご協力を頂きお礼申し上げます。